医療法人札幌太田病院創立62周年記念特集 山口喜一関連文集
夏枯草 医療法人札幌太田病院創立62周年記念特集山口喜一関連文集
夏枯草
HOME 山口喜一本人の筆跡 関連文集 プロフィール
    山口喜一本人の筆跡
「短歌紀元社 創刊30周年記念合同歌集」より
   原子の世界「宇宙と人間」
「宇宙と人間 創刊30周年記念 原始の世界」に掲載されている山口喜一の短歌を何首か紹介しています。

・世を呪う心はなけれ然れども世の相見れば胸裂けんとす
・命生きて何か求めん現世は石中の人と変わる天地
・道徳と政治の均衡を失いてローマ帝国はついに亡びき
・信条に独立なしと言いたしチャサム・ハークの哲学を今に
・何時の間にか原始の世とはなりにつつ世界の平和脅かさるる
・大気圏外の平和を議するうつし世に地上の人は日日に乘離す
・ダニユーブとヘルクルス星の柱の間に遮断されたる欧羅巴
・髑髏をば枕としたる古の荘士一流の萬言是か非か
・倫理も道徳もなき権力の姿なる世を何と観る
・キリストの再臨を説く宗教あり天譴の大火近しとぞいう

喜一
・大いなる神の試煉の厳し世にいのち生きつつまた春に逢ふ

としの
・国聯の加入もなりて初春の宮詣で人のきびすを接す


前のページへ戻る
山口喜一の書籍
「夏枯草」
 子息山口寿一が亡くなった後に出された、潔く晩春の頃、夏枯草の白い花のように枯れて行った故人の追憶集です。
発行:1929年12月25日
著者:山口喜一


「老新聞人の思い出」
 新聞人としてその生涯を新聞にかけた山口喜一が、そのきっかけから特に思い出の深かった出来事や人物について述べている一冊です。
発行:1957年6月5日
著者:山口喜一


本ホームページは山口喜一(1881-1969)が残した文献や関連文集の内容を掲載しているため、記載されている情報は当時のものです。
ページの上へ
本ホームページは、当時出版した書籍を紙が劣化する前にできるだけデジタルデータ化すること。
また多くの方へ、当時の状況を参考としてご覧いただける事を目的として製作いたしました。
また、当サイト内では敬称を省略しております。
  HOME | 山口喜一本人の筆跡 | 関連文集 | 山口喜一のプロフィール | 運営事務局
 
夏枯草